FC2ブログ
お久しぶりです、センターのviciです。

6月25日~7月12日までユニバシアード女子バレーボールチームに
トレーナーとして帯同し、セルビアのベオグラード市で開催された
第25回ユニバシアード大会に参加してきました。

SN3E0040_convert_20090731172100.jpg
ベオグラード空港に描かれていたユニバシアード大会開催の広告
写真提供:アスレティック・リファレンス


みなさんは、セルビアって国がどこにあるかご存知ですか?
もともとは、ユーゴスラビアという国の一部で、距離的にはドイツから南へ
飛行機で約一時間半のフライトだと思ってください(東京~札幌ぐらいの距離)

ユニバ大会期間中、スタッフや選手達は全員選手村に宿泊します。
選手村から練習場や試合会場への移動は全てバスで行われ
常にパトカーによる護衛と先導が行われました。
ここまで聞くと“なんて凄い、素晴らしい…”ってなるんでしょうけど

確かにホント、パトカーの先導方法は素晴らしく凄かったんです。
相互通行の一般国道なのに、先導のパトカーは道のど真ん中を
前の車をかたっぱしから抜きながら走るんです。
パトカーの後を我々チーム全員が乗っているバスが追いかけて走るんですけど、
対向車線に大きな大型トラックやバスが来ても一向におかまいなしで、
どんどん前の車を抜きながら先へ行っちゃうんです。

SN3E0042_convert_20090731175508.jpg
国道のど真ん中を先導パトカーが走り、我々を乗せたバスが追う
写真提供:アスレティック・リファレンス

もう、ハラハラしっぱなしで、パトカーとバスの加速、減速のものすごいこと…
「あ、アッ、トラックとぶつかる、ぶつかる…あ~」
でも、なぜか不思議とぶつからないんですよね。
慣れているっていうか、なんていうか、確かにこの先導技術や運転技術はホントに凄い…

寿命が縮んだバス移動でしたが、セルビアの人々は本当に明るくて
行く前に予想していた国民性とは大違いでした。
もし、日本から飛行機直行便が飛ぶようになれば、交流が盛んに行われるようになると
思います。みなさんも、是非一度セルビアへ旅行されてみてください。


vici より!


P.S. ちなみに、女子バレーボールチームの成績は3勝3敗
参加16チーム中7位でした(前回5位)


スポンサーサイト
2009.07.30 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top